海外/国内ミステリ小説の投稿型書評サイト

zusoさん
平均点: 6.47点 書評数: 36件

プロフィール高評価と近い人 | 書評 | おすすめ

No.36 6点 アヒルと鴨のコインロッカー- 伊坂幸太郎 2021/03/06 23:24
現在と過去が同時に描かれるカットバック形式の小説。ミステリなのかコメディなのか独特の雰囲気を持っており、途中はどうなるかと思ったが、読み終えると不思議と優しい気持ちになる。

No.35 5点 殺人鬼- 綾辻行人 2021/03/06 23:20
殺人描写がグロすぎて、人によっては吐き気を催すレベルのサスペンスホラー。ここまで人を不愉快にする描写をするとは驚き。作者の覚悟を感じた。

No.34 5点 イニシエーションラブ- 乾くるみ 2021/02/20 19:02
ラストのどんでん返しを味わいために、あまり好みではない恋愛小説を途中で何度も嫌になりながらも読み終えた。
ストーリー自体は面白くありませんが、アイデアは素晴らしい。

No.33 6点 葉桜の季節に君を想うということ- 歌野晶午 2021/02/20 18:56
本に書いていないことに関しては、読者が想像するしかない。そのほとんどの人がするであろう想像が、すでに間違っていて騙されてしまう。
こちらが勝手に思い込んでいた主人公のイメージがガラリと大逆転をする。映像化したらネタバレする内容なので絶対できないでしょう。

No.32 7点 IT- スティーヴン・キング 2021/02/03 19:38
舞台はアメリカの田舎町デリー。1958年、町から次々と子供たちが消える。犯人はピエロのお化けペニーワイズ。「それ」は大人には見えない。「それ」は子供に恐怖を与えることで美味にする。そして「それ」は美味になった子供たちを食べてしまう。
少年少女が直面するのは、ピエロに姿を変えた成長恐怖。子どもたちだけで、信じ協力し合って乗り越える、十代の通過儀礼の物語。

No.31 7点 フィルムノワール/黒色影片- 矢作俊彦 2021/01/15 19:50
全編に映画の台詞や先行作への言及が散りばめられたスタイリッシュで遊び心に満ちたハードボイルド。宍戸錠も本人役で登場している。

No.30 7点 アルモニカ・ディアボリカ- 皆川博子 2020/12/24 20:00
繊細で美しい楽器、悲惨な精神病院の実態など、さまざまな要素を絡め、大胆で美しい物語を紡ぎだす。年齢を感じさせない作者の創作力には感嘆するしかない。

No.29 7点 赤毛のレドメイン家- イーデン・フィルポッツ 2020/12/03 18:50
従来のミステリにおける犯罪者像に飽き足らず、新しい悪を創造したかったのか、「人間は、こんな動機でも人を殺せるんだよ」と言っているような衝撃的な作品。

No.28 5点 ブラックライダー- 東山彰良 2020/11/01 19:59
懐かしの西部劇の意匠を用いて描かれるポストアポカリプスの物語。圧倒的なリーダビリティで、大震災を経験したわれわれの胸に迫る作品。

No.27 7点 帝都探偵 謎解け乙女- 伽古屋圭市 2020/10/17 09:32
大正時代を舞台に、本格ものあり人情ものありの連作短編集。シャーロキアンの方には特におすすめ。どんでん返しもあります。

No.26 7点 怒り- 吉田修一 2020/09/28 19:36
人を信用することの難しさや脆さ、人が抱く怒りとは何かを、丁寧にすくい取っている。

No.25 6点 いまさら翼といわれても- 米澤穂信 2020/09/12 19:28
爽やかだけじゃない青春、その輝きは痛みを伴っている。誰もが共感できる青春時代の心理描写や作品と一緒に成長していくキャラクターから目が離せなくなる。

No.24 9点 マツリカ・マトリョシカ- 相沢沙呼 2020/08/27 20:28
主人公の柴山君だけでなく、過去に囚われている人たちがマツリカさんを含め何人か登場する。そしていつの間にかそれぞれが、かけがえのない存在になっていく。青春ものとしても楽しめるし、殺人は起こらないがミステリとしても美しいロジックが堪能できる。

No.23 5点 盤上の向日葵- 柚月裕子 2020/08/04 18:34
棋士たちの身を削るような生き様にぐいぐい引き込まれていき、将棋の真剣勝負はただならぬ緊張感が伝わってきて胸が苦しくなるほど。
重く深い主人公たちの人間ドラマと哀しいミステリの結末が心に染みる。

No.22 9点 聯愁殺- 西澤保彦 2020/07/29 20:28
複数探偵による推理合戦は作者が自家薬籠中のものとしている魅力的なシチュエーション。これまた、と思わせておいて結末で見せるどんでん返しの凄まじさ、論理のアクロバットだけで読ませて、かつ面白い。

No.21 7点 マレー鉄道の謎- 有栖川有栖 2020/07/20 18:11
立場の逆転により咄嗟に密室を構成した仕掛け、コップや手袋など小道具を巧みに配して、芸の細かいところを見せてくれる。

No.20 6点 星籠の海- 島田荘司 2020/07/09 20:21
奔放な想像力で現在と過去を結びつける剛腕ぶりに唸るばかり。上下巻の大作だが読み始めたら止まらない。

No.19 5点 サブマリン- 伊坂幸太郎 2020/07/02 18:54
ちょっと馴染みのない仕事、少年事件を扱う家裁調査官の物語。
少年たちが起こした、正義と悪が交差する犯罪。世の中の不条理に息苦しくなる。けれど、そこ伊坂作品。面倒くさいけど愛すべき登場人物たちに救われる思いがする。

No.18 6点 リボルバー・リリー- 長浦京 2020/06/25 19:34
息をつかせぬ逃亡劇、銃撃戦、頭脳戦。圧倒的に不利と分かっていても、仁義を貫く百合の男気に惚れます。

No.17 6点 貴族探偵対女探偵- 麻耶雄嵩 2020/06/18 20:05
多重解決パターンを踏襲しながら、二人の立場と役割のギャップを際立たせる趣向が心憎い。

zusoさん
ひとこと
(未登録)
好きな作家
(未登録)
採点傾向
平均点: 6.47点   採点数: 36件
採点の多い作家(TOP10)
伊坂幸太郎(4)
東野圭吾(3)
米澤穂信(2)
道尾秀介(2)